「毎日Unity」の技術ブログ

ゲーム開発の手助けになったらなぁって

【Processing入門2】画面構成

今回はProcessingの画面構成を簡単に説明したいと思います。

[ エディタ領域 ]

下記の画像内の赤色の線で囲まれた白い領域がエディタ領域です。プログラムを打ち込む領域です。
f:id:EDunity:20200522183301p:plain

[ コンソール領域 ]

下記の画像内の緑色の線で囲まれた黒い領域がコンソール領域です。デバッグする時用のログを表示する領域です。
f:id:EDunity:20200522183718p:plain

[ エラー領域 ]

下記の画像内の青色の線で囲まれた白い領域がエラー領域です。書いたプログラムでのエラーを表示する領域です。
f:id:EDunity:20200522184301p:plain

[ 実行ボタン ]

下記の画像内の黄色の線で囲まれているのが実行ボタンです。書いたプログラムを実行するためのボタンです。
f:id:EDunity:20200522184645p:plain

[ 停止ボタン ]

下記の画像内のピンク色の線で囲まれているのが停止ボタンです。実行中のプログラムを停止するためのボタンです。
f:id:EDunity:20200522185000p:plain

[ メニューバー ]

下記の画像内の紫色の線で囲まれているのがメニューバーです。ファイルを保存したりツールを追加したりすることが出来ます。
f:id:EDunity:20200522194646p:plain